ニュース

プレスリリース

【47都道府県<食のイメージ>調査 2021】最新ランキング発表

消費者が選ぶ人気の食イメージは、北海道が13部門独占で7年連続第1位。
BEST3は人気の観光地がランクイン。“見る”“食べる”で観光客を誘致 !

〈調査概要〉
バイヤーズ・ガイドは、全国15,578人の20~69歳の男女を対象に、都道府県別に食のイメージを把握する全国「47都道府県〈食のイメージ〉 調査」を7年連続で実施しました。

本調査では、食全体から米・麺類・野菜・果実・水産物・肉類・菓子類・酒・料理など18 カテゴリ別に、〈イメージ部門(食のイメージがある都道府県)〉、〈実食部門(この1年間に食べたことがある)〉、〈満足度部門(この1年間に食べて印象に残っている)〉を数値化したものです。本調査により、日本全国の都道府県別の食イメージや実食による訴求を共通のモノサシで測定できます。また、居住ブロックや性年代別に比較することで、県民性や性別 、 そして年代によって異なる、地域の食に対する特徴をうかがえる結果となりました。

プレスリリースは以下よりダウンロードいただけます。
プレスリリース

※データを転載する際には、『「47都道府県〈食のイメージ〉調査2021」バイヤーズ・ガイド(有限会社永瀬事務所)調べ』と明記いただきますようお願い申し上げます。
※より詳細な調査結果、内容や引用についてのお問い合わせは、以下までお願いいたします。

【47都道府県「食のイメージ」調査に関するお問い合わせ】
バイヤーズ・ガイド(有限会社永瀬事務所)/担当:赤田

TEL:03-6256-9494
FAX:03-6256-9495
>お問い合わせはこちら